太っている原因で違うタイプ別の下半身ダイエットの方法

下半身ダイエットといっても、どのような理由で下半身が太いのかによってダイエット方法が違います。

もしも脂肪がつきすぎて下半身が太く見えるのなら、有酸素運動を用いたダイエットが適しています。

運動には無酸素運動と有酸素運動があります。

跳び箱や、ジャンプなど、酸素を使わず一気に行う運動が無酸素運動に相当します。

無酸素運動では酸素を外部から取り込む必要がありません。

酸素を体の中に取り入れて、糖を燃やしながらエネルギー源にしている有酸素運動は、水泳や、ウォーキングなどです。

有酸素運動をすることで脂肪の燃焼効果が期待できます。

つまり、脂肪が原因の下半身のダイエットに効果が期待できるのです。

有酸素運動は、毎日実行することができればダイエット効果がより高まりますので、継続的に行うことが大事です。

むくみが原因で下半身太りをしている場合は、マッサージをしたり体を温めることがおすすめです。

血液や、リンパ液が、身体の下側に留まりやすくなると、老廃物や水分の排出が停滞気味になって、1日の終わり頃には足がむくみやすくなっています。

血行を良くし、水分の排出を促進するためにマッサージをすることで、むくみのないすっきりとして下半身になります。

体を温めることでも血液の巡りがよくなるので、入浴をしたり、温かいものを食べたり飲んだりすることがおすすめです。

入浴をして下っ腹の脂肪を減らすダイエット