中古車をローンで買う場合の借入先は銀行がおすすめ

自動車ローンは新車だけでなく、中古車に対しても組むことができます。

土地や電化製品など、ローンを利用する状況は幾つかあります。

もしも中古車を買うためにローンを利用するなら、自動車ローンを使うといいでしょう。

金利の低いローンを利用したいなら、消費者金融会社より銀行のほうが断然いいですが、銀行融資は審査がきつい傾向にあります。

ただし、銀行へのローンの申し込みは結果待ちまでの時間が長いですし、書類手続きに手間がかかることも考慮に入れる必要があります。

ローンの申し込みをしたとしても、他の金融機関に比べて審査に落ちる可能性が高いのが実情です。

それでも、銀行から融資を受けることができれば、利息を少なく済ませることができます。

中古車を買うなら費用は新車より安くなりますので、その分借りやすいはずです。

それでも審査で断られる可能性もありますが、銀行で断られたら信販会社や消費者金融会社に申し込むという方法もあります。

融資の可能性の高さや、申し込みの簡単さからいえば、ディーラーの提携ローンを使うほうが有利ですが、金利は高めになります。

ディーラーが販売する中古車は価格帯が高くなる傾向がありますので、中古車でも高くなってしまいがちです。

中古車を買う時にディーラーを使うなら、新車購入に切り替えたほうが金額的には差が少ないという人もいます。

車を乗り換える方は、今乗っている車を高く売ることで、次の車の頭金や車両価格の一部に当てることができます。

できるだけ低価格で中古車を入手したい場合は、今の車を幾らで売却できるか検討することも大切になります。