クレジットカードを利用した際に金利がかかる支払い方法

クレジットカードは、日常的な買い物だけでなく、ネット通販や、公共料金の引き落としにも使えます。

支払い方法の選び方によって、クレジットカードに利息がつくかつかないかが決まります。

基本的に多くの方が利用する一回払いでは金利が発生することはないため、あまり意識しないこともあるでしょう。

分割払いや、リボ払いにするとクレジットカードの支払いに利息がつきますし、キャッシング枠を利用する時も同様です。

リボ払いとは毎月決まった額を支払っていくタイプのもので、定額方式や残高スライド方式など幾つかの方法があります。

リボ払いにすると、カードの支払いがいくら残っていても、月々の支払いが一定の額以上にならないという利点があります。

支払金額は少額から設定できますので、リボ払いにしておけばカード払いに当てる分の金額が少なくて済みます。

クレジットカードの支払いを全額終えるまで、延々と利息がつくことがリボ払いの注意点です。

分割払いも一定額を支払っていく支払い方法ですが、リボ払いと異なり、初めに返済回数を決定しておく必要があります。

細かく分割すると一カ月ごとの支払金額が少なくなりますが、完済までに時間がかかるとその間利息が増え続けるという欠点があります。

またクレジットカードを利用したキャッシングも大変便利なサービスですが、こちらも手数料がかかります。

クレジットカードを利用する時には、どんな使い方をするといくらの利息がつくかを理解した上で、使い方を決めるということが重要です。