クレジットカードの金利と支払い方法について

クレジットカードで決済をした時は、分割払いの回数を増やすと利息がふえますので、気をつける必要があります。

クレジットカードが使用可能な店舗が増えたことから、現金を持ち歩く必要性が減っています。

現金をいくらもっているか気にかけなくても、クレジットカードが使える状態にさえなっていれば、支払いについては心配いりません。

クレジットカードの決済金額は、次の月以降の支払い日に請求されます。

一括払いにしておけば、利息もつかず支払い額は増えません。

一括払いにしている限りは利息がつくことはありませんが、リボ払いや分割払いにすると金利に基づく利息がつきますので、支払金額が増えます。

クレジットカードで分割払いを利用すると、金利に基づく利息がつきます。

さほど高金利ではないにしろ、実際の価格以上の支払いになります。

せっかく安い商品を見つけて買い物をしていても、その都度分割払いでクレジットカードを使っていては、高いものをカードを使わず買った時と同等になりかねません。

一括払いにすることで利息を支払わずとも済むならば、できるだけクレジットカードの支払いは一括で済ませるべきです。

基本的な機能のほか、様々なサービスがクレジットカードにありますので、自分にプラスになるような使い方をしましょう。

自由に動かせる資産が少ない時や、銀行の預金残高が心もとない時にカード決済をしたら、分割払いをせざるをえないということもあるでしょう。

やむをえず分割払いを選ぶということもあるでしょうが、その場合は利息がつくことを踏まえた上でクレジットカードを使いましょう。

クレジットカードでまとまった買い物をした時こそ分割払いにしたくなるかもしれませんが、そういう時の利息の増え方は大まかにでも試算しておくべきでしょう。